洗顔で毛穴ケア!毛穴の黒ずみ対策をご紹介

洗顔で毛穴ケア!毛穴の黒ずみ対策をご紹介 なおす方法

クレンジングと共に毎日行っている洗顔ですが、あなたは”作業”になってはいませんか?

日々何気なく行っている洗顔は、美しい素肌のための大切な「スキンケア」であることを知っておかなくてはなりません。

今回はニキビケアにとても重要な『毛穴の黒ずみ』について解説していきたいと思います。

併せてその予防・解消法もご紹介しますから、今後のスキンケアにぜひとも役立ててください。

毛穴の黒ずみ その原因とは?

毛穴の黒ずみ その原因とは?

まずは「毛穴の黒ずみの正体」は何なのか知っておきましょう。

毛穴の黒ずみの正体は、「開きっぱなしの毛穴」と「汚れの詰まった毛穴」です。これら2つに共通しているのは『開いた毛穴』です。

「開きっぱなしの毛穴」はもちろんですが、「汚れの詰まった毛穴」も詰まった汚れによって、毛穴が開いている (押し広げられている) 状態です。

そのため、周りからはブツブツとした肌にみえてしまいます。

毛穴の黒ずみ 原因① 詰まった汚れ

「毛穴」はその名の通り、肌に空いた”穴 (くぼみ) ”です。

くぼみに汚れが溜まりやすいということは誰しもが容易に想像できることでしょう。

これは肌においても例外ではありません。

顔には多くの毛穴があり、加えて皮脂腺が発達しているため、顔は身体の中でも特に皮脂で汚れやすい部位です。

その上、周りから最も目につく部分なので、その汚れは特に気になるところであると言えるでしょう。

汚れによる毛穴の黒ずみは、「角栓」が原因となります。

角栓とは、肌のターンオーバー (新陳代謝) の乱れによって、肌に残ってしまった古い角質が、毛穴に詰まってしまったものです。

通常、古くなった角質は自然に剥がれ落ちるものなのですが、肌の状態が不安定であったり、乾燥しているとターンオーバーが乱れて古い角質が肌の表面に残ってしまいます。

こうしてできた角栓はクレンジングや洗顔で取り除くことができますが、これが不十分であると毛穴の中に残ってしまいます。

そこに皮脂などが加わって混ざり合い、空気に触れて酸化することによって黒ずみとなるのです。

毛穴の黒ずみ 原因② 開きっぱなしの毛穴

クレンジングや洗顔後には、毛穴が開きます。

ここでたとえ毛穴の汚れを綺麗に落とせたとしても、開いた毛穴をそのままにしておいてはいけません。

毛穴を開きっぱなしにしていると、またすぐに汚れが溜まってしまいます。

また、単純に毛穴が開いていることで、ブツブツとした肌にみえてしまいます。

毛穴汚れをすっきり!正しい洗顔方法

洗顔で毛穴ケア!毛穴の黒ずみ対策をご紹介

先にお伝えした通り、顔は身体の中でも皮脂の分泌が多い部位です。

その顔の中でも、とりわけ皮脂の分泌が活発なのがTゾーン (おでこから鼻筋にかけての部分) です。

特に鼻には凹凸があり洗顔のしにくい部分であるため、毛穴の汚れが残りがちとなります。

世間では角栓でブツブツになった鼻のことを”イチゴ鼻”といったりしますが、鼻の毛穴の黒ずみに悩む人は後を絶ちません。

今日からでも実践してほしい『正しい洗顔方法』

毛穴の黒ずみが毛穴の汚れ (角栓) であると分れば、毛穴を徹底的に洗いたくなるものですが、だからといって洗顔のしすぎはかえって逆効果となります。

回数を重ねる過剰な洗顔は、肌へ大きな負担を与えてしまいます。

そうすると、潤いを失ったお肌が不足した皮脂を補おうとして、必要以上に皮脂を分泌します。

その結果、余分に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうということになってしまうのです。

洗顔の回数は、朝晩に分けた計2回が理想的です。

毛穴ケアのできる洗顔の流れとポイント

それでは、ここで洗顔の流れとポイントを確認していきましょう。

  1. 洗顔料をホイップ状になるまで十分泡立てる
洗顔料をホイップ状になるまで十分泡立てる

洗顔料を上手に泡立てるための「泡立てネット」や「泡立て器」などの便利グッズが販売されているので、こうしたものを活用しましょう。

また、最初から泡で出てくる「泡タイプ」の洗顔料もありますから、洗顔料選びの際にはその購入をぜひとも検討してみましょう。

  1. 泡を転がすような感覚でお肌をやさしく洗う

汚れを落とそうとゴシゴシお肌をこするのはNGです。

摩擦は角質層を傷つけてしまうので、あくまでやさしく洗います。

皮脂量の多いTゾーンは入念に洗いましょう。

  1. ぬるま湯でしっかりすすぐ

洗顔料が残っていると肌荒れの原因となりますから、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

洗顔時にぬるま湯を使う理由は以下の通り。

  • お肌に近い温度なので、顔の筋肉もほぐれやすくなり、毛穴が自然に開く
  • 洗顔料の成分の効果が発揮できる温度がぬるま湯

→効率よく洗浄できる

  • お肌の水分を奪いすぎない

→お肌を乾燥させることなく洗浄できる

  1. やさしく水分を拭き取る

すすぎの後は、吸水性の高い柔らかなタオルでやさしく押さえるようにして水分を吸い取りましょう。

タオルでゴシゴシと強く拭き取ることは、肌にダメージを与えてしまうためNGです。

拭き取るというよりは「吸い取る」というイメージです。

洗顔後はお肌がリセットされた無防備の状態です。

毛穴も開いていますから、化粧水で毛穴をしっかりと引き締めましょう。

美容液や乳液、クリームも加えて使って保湿を行うことも大切です。

きれいな毛穴のためにしない! NG行動

顔の毛穴汚れに悩む人たちがもれなくやってしまうNG行動があります。

それは「クレンジング・洗顔をせずに眠ってしまう」ことです。

仕事で疲れてしまい、化粧を落とさずに眠ってしまうという人は意外と多いものですが、これは絶対にNGです。

肌が皮脂で汚れたままで眠ることは、毛穴の黒ずみだけでなく、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。ですから、これは絶対にしないように注意しましょう。

きれいな毛穴のためには「その日の汚れはその日のうちに落とす」これが最も大切なポイントです。

毛穴ケアの秘訣は洗顔にあり

毛穴ケアの秘訣は洗顔にあり

多くの人を悩ます毛穴の黒ずみですが、その対策には正しい洗顔が必要不可欠であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

機能的な化粧品を活用することはもちろん大切ですが、毛穴の黒ずみには毛穴の汚れを取り除くことが根本的な対策法なのです。

スキンケアの基本ともいえる『洗顔』。美しい素肌のために、毎日欠かすことなく正しい方法で行いましょう。

⇒鼻と頬の毛穴の黒ずみのがニキビの原因に!

タイトルとURLをコピーしました